平成28年分 扶養控除等(異動)申告書の個人番号(マイナンバー)記載について

平成28年から従業員等に給料等を支給する場合には、その者の個人番号(マイナンバー)だけではなく、扶養親族全員の個人番号(マイナンバー)が必要になります。今年、税務署から郵送された年末調整の封筒の中に平成28年分扶養控除等(異動)申告書の用紙が入っていると思いますので、平成28年1月以降に給料等を支払う人に必ず当用紙を配付し、個人番号をご記入の上、各事業所で保管して下さい。個人番号(マイナンバー)は源泉徴収票を作成するとき等で必要になります。

なお、年末調整業務を幣所にご依頼頂いている事業主様は、この扶養控除等(異動)申告書を幣所までご郵送下さい。

平成28年分 扶養控除等(異動)申告書について

扶養控除等(異動)申告書を紛失してしまった人はこちらからダウンロードして下さい。

平成28年分扶養控除等(異動)申告書 PDF

個人番号(マイナンバー)記載個所

扶養控除等(異動)申告書の個人番号(マイナンバー)記載個所は次の通りです。

扶養控除等申告書 マイナンバー

①法人の場合は法人番号(法人のマイナンバー)、個人事業主の場合は事業主の個人番号(マイナンバー)

②従業員等の個人番号(マイナンバー)

③配偶者の個人番号(マイナンバー)

④16歳以上の扶養親族の個人番号(マイナンバー)

※一般的には白紙の用紙を従業員等に配付して②~④を記載してもらい、事業主に提出された用紙に①の個人番号(マイナンバー)を記載して保管しています。

16未満の扶養親族については当用紙の下に記載個所があります。

扶養控除等申告書 マイナンバー 16歳未満の扶養親族

 

関連記事

コメントは利用できません。

最近の投稿

  1. 当税理士事務所に所得税の確定申告をご依頼いただいている事業主様に平成30年確定申告資料を発送いたし...
  2. 当税理士事務所に年末調整をご依頼の関与先様について、当税理士事務所から年末調整資料を発送致しました。
  3. 1月12日(金)に当税理士事務所に所得税の確定申告をご依頼いただいている事業主様に平成29年確定申告...
  4. 当税理士事務所に年末調整をご依頼の関与先様について、昨日、当税理士事務所から年末調整資料を発送致しま...
  5. 平成29年12月10日(日)に和光同塵会の忘年会を開催致します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。