改元に伴う源泉所得税の納付書の記載について

令和元年5月1日以降に源泉所得税を納付する場合で、「平成」が印字されている納付書でもご利用頂けますが、注意点があります。

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載の注意点

  • 平成31年4月1日~令和2年3月31日の間に納付する納付書は、納付書左上の「年度欄」は「31」になります。
  • 「平成」に二重線を入れて「令和」に変更する必要はありません。
  • 納期の特例の適用を受けている場合の納期等の区分は平成は「31」令和は「01」になります。

具体的な記載方法は下記をご覧ください。

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた(国税庁)

令和が印字された納付書は10月以降に配布予定

令和印字された納付書は10月以降に配布されますので、それまでは平成の納付書をご利用ください。

関連記事

コメントは利用できません。

最近の投稿

  1. 令和元年5月1日以降に源泉所得税を納付する場合で、「平成」が印字されている納付書でもご利用頂けます...
  2. 当税理士事務所に所得税の確定申告をご依頼いただいている事業主様に平成30年確定申告資料を発送いたし...
  3. 当税理士事務所に年末調整をご依頼の関与先様について、当税理士事務所から年末調整資料を発送致しました。
  4. 1月12日(金)に当税理士事務所に所得税の確定申告をご依頼いただいている事業主様に平成29年確定申告...
  5. 当税理士事務所に年末調整をご依頼の関与先様について、昨日、当税理士事務所から年末調整資料を発送致しま...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。